美容分野で求められる心のケア

クオリティ・オブ・ライフという考え方は、がん治療などの終末医療の分野で頻繁に必要とされるものです。しかし、美容外科の容姿に変化を与える専門的な治療によっても、精神面のクオリティ・オブ・ライフは飛躍的に向上するため、重要な考え方とされます。

具体的には、美容整形の中でも大きく印象的な二重目蓋を作り出す手術は、若い女性の方からの需要が大変高いものであり、切開を用いない術式なども普及しはじめていることから、ダウンタイムのない利便性に優れた治療となっています。ただ、やはり直接顔にメスを入れるのは、誰もが不安なもの。そういった精神面をケアするために、クオリティ・オブ・ライフを重視した施術が注目されています。

この美容整形の現場で働くナースには、手術前にナーバスになっている女性の相談に乗り、安心感を与える事がとても大切で、女性ならでは容姿の悩みに上手く対応できなければなりません。また、看護師には患者の理想となる容姿も要求され、模範となる事も必要で、美意識の高い方であることが条件とされます。そのため、日常的なお肌のケアから、髪のトリートメント、メイクアップ方法など、様々な美容面に配慮する事が求められます。美容をアドバイスする人がキレイでなければ、なにを言っても説得力がありません。

これらの理由から、美容外科は一般的な医療機関での勤務とは大幅に異なる要素が看護師にも求められます。その人自身が本当の意味で輝けるようにケアするのが、美容看護師の役目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です